ぜんぶ、つながっている。

冷えるね。誰もいない日曜日の朝の公園でひとりこのブログを書き始めている。そういうとなんかとても寂しい感じがするけど、こうして空が広がっていると思考は寂しくはない。世の中よくできているなと。

空を眺めていると、先週起こったことから徐々に過去のことをいろいろ回想するんだけど、どれも自然と芋づる式に思い出すというか、それはひとつひとつは点なんだけど、すべて線のようにつながってるよなとあらためて気づく。今があるのは先週のおかげだし、先週があるのはその前の出来事のおかげ。そしてそこには必ず人が起点や連結点になっている。ともするとじぶんの努力おかげとか考えがちだけど、明らかに僕は人のおかげで成り立っている。大した人間じゃない僕が常に目標をアップデートできているのは、これまで関わってきたまわりの人たちの応援や助言、奮い立たせてもらった言葉や行動のおかげによるところがほとんどだ。いや、それがすべてといっていい。こんな、助けてもらったばかりの人生でいいのかと考えると、こんな僕でも誰かの役に立たなきゃ申し訳ないと思う。

もうすぐ年末がやってくる。どうやら僕のつぎの目標は、よりまわりの人たちのために何ができるか、というフェーズに移行しているようだ。人生は順繰りなんだろうな。たぶん、僕にいろいろ手ほどきをしてくれた人たちもみんな、以前じぶんが手ほどきしてもらったことを僕に授けてくれてるんだろうね。そう考えると世の中は捨てたもんじゃない。というか、実に素晴らしく動いてるよなと思う。決して大袈裟ではなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA