せつない季節になりますなあ。虫も泣く秋に。

朝、息子に「夏休みの宿題は終わったのか?」と声をかけると、「もちろん!」と誇らしげな返事があってホッとしながら出社したものの、父のほうは本当にこの夏の宿題をやりきったのか心配な8月最終日の夕方。夏の終わりは何かひどく忘れ物をしているような寂しさに見舞われる。大人の夏の宿題はなかなかむずかしく、どこまでいっても終わりのないもんです。

昨夜、公園まで出かけたら驚くくらい虫たちの声が聞こえて、8月ってこんなに涼しかっただろうかというくらい風がからだを冷やすこともあって、ああこの虫たちは鳴いてるんじゃなくて泣いてるんだなと感じたっけ。夏のうだるような暑さから、何かと爽やかな秋の到来はもっと心弾むはずなんだけど、どこか無性にせつなさを感じるのは僕だけだろうか。

秋から冬へと暮れてゆく季節に、どこか逆行というか抵抗したい、そんな夏の終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA