すべて立ち向かうんじゃなくて、時にヒラリと風に身を任せてみるのもいいと思うよ。

image

僕もそうだった(いまもかな)けと、じぶんの思い通りにいかない時はなんというか自己嫌悪だったり、なんてまわりは分かっちゃいないんだ、という思いがグラグラと頭の中を駆け巡るわけだけと。でもどうだろう、少し長く生きてきた僕の感覚でいうと、けっこうじぶんを取り巻く自然な流れに身を任せてみるというのもアリというか、身を任せてみることの大切さみたいなものを数多く学んできた気もする。若いうちは特にじぶんの意思とは反する流れに遭遇するとついつい立ち向かっちゃうんだけど、そこをある種肩の力を抜いて風に乗ってみるんだ。ほんとにヒラリと。目もつぶって体を預けるみたいなね。世の中はそれほど意地悪じゃないから、けっこういい方向に漂わせてくれて、思わぬ景色が見えてきたりして、意外と落とし所としては結果オーライになることはほんとたくさんあるから。ちょっと若い人を見てて、なんか昔のじぶんを見てるようなところもあって。エールのようなブログということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA