さて、来年は何を深めようか。もしくは、始めようか。

Pocket

Nikon Df, 50/1.8G

考えてみると、僕はいつも冬の間に新しいことを始めている気がする。新年だからというわけじゃないんだけど、何だろうね、冬はじっと考える時間が多いからかな。

今年の始めのトピックスは何と言ってもフィルムカメラを始めたこと。それまで一年ほどRICOH GRだけで過ごして、何というか爆発したというか、開花したというか、一気にフィルムカメラの世界へのめり込んでいった。ロードバイクで出かける時もGRよりKonica C35を背負って出かけることが増えたし、出張に行く時もフィルムを数本持参することが定番になった。で、じぶんでも予想外だったのは、そのフィルム生活がさらに羽化して、ふたたびデジイチを再開したこと。Nikon D300とNikon Df、なかでもDfは愛犬との散歩カメラなど最も頻度高く持ち出すカメラになった。

さて、冬も本番に入り、あとわずかで新しい年がやってくる。新しいカメラを手に入れる予定は特にない。というか、心のどこかでもっとベクトルの違う何かに出会いたいという思いと、いや今の何かをもっと深めたいという気持ちが交錯してる感じといえばいいだろうか。そうそう、このブログもどこか新しくしたいという思いもあって、今はいろんなことを混ぜて、あえて頭の中をごちゃごちゃにしているところ。僕の場合は何でもそうなんだけど、こうして一旦カオスな状況を作り出して、そこから何かが羽化するのを待つのが楽しみだったりする。ちょっと新鮮な目線もいるなあと、本をたくさん読んだりも。どうかなあ、この冬は何か生まれるかな。

あ、でもね、新しいことを始めることは、何かを捨てることでもある。捨てるというと乱暴だけど、脱ぐとか卒業するとかそんな感じかな。にんげん、誰しも時間は24時間しかないから、何かを足そうとすれば何かを引かないといけない。それは、寂しいことではなくて僕は脱皮みたいなものだと捉えるようになった。時間は永遠ではない、だからこそ思いついたことは可能なら経験しておきたい、今はそんな心持ちかな。さて、これからお風呂読書だ。少しこの冬の羽化の野望など抱きながらね。

高価買取ならカメラのリサマイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA