さて、仕事納め、プール納め。

Pocket

なんだか早く目が覚めたんで、ひとポスト。思えば今年も一年あっという間だった。仕事のほうはまあ山あり谷ありでそれなりに試練だったけど、チームで進むんだと思ってやってきたから僕やもしくは誰かが下降線の時も誰かがそれをカバーしてくれたりで結果トータルとして上積みできた満足ゆく一年だったように思う。今日はその仕事納め。心の中でチームみんなに感謝する一日にしたい。オンが充実すればオフもいい回転をするのが僕の人生のようで、プライベートもなかなか充実した年になった。このブログでもたびたび書いているけど、やっぱり大きな変化はカメラをRICOH GRに絞ったことと、週末のライフサイクルをロードバイク中心にしたこと。そして年末近くになってふとトライアスロンへの挑戦を思い立ち、スイミングを始めたこと。数値的な記録を追い求めているわけじゃないけど、ロードバイクにしてもスイミングにしてもトライを重ねることで昨日できなかったことが翌日ちょっぴりだけできるようになる感覚は年齢に関係なく嬉しいもんだなという発見がある。スイミングスクールのほうは今夜が今年最後の営業日で、新年の7日あたりまでおあずけになるのがちょっとさみしくはあるのだけど、連日スイム練習にハマって少々疲れのたまった筋肉を休めるつもりで正月休みを過ごそうかなと考えている。どこか営業しているプールを探し始めるかもしれないんだけどね。

ただ、スイムができない時はバイクがありランがある。それがトライアスロントレーニングのよいところで、三種目あるからローテーションで何らかのトレーニングはできる。トライアスリートの人たちもこの点はよくメリットにあげていて、三種目もトレーニングするのは大変でしょうと言われるけど、逆に三種目あれば日によって練習メニューを変えることができて結果飽きずに気分転換しながら体を鍛えることができると言う。僕も近ごろそう思えてきたから、少しはトライアスリートの思考に近づいてきたのかもしれない。

トライアスロンの国内シーズンは春から秋にかけて。スイムが順調に上達すれば秋ころの何らかの大会にはエントリーできるんじゃないかとポジティブに考えているけどどうだろう。ひとまずバイクショップでトライアスロンクラブには入会したから日々会員専用のFacebookページでさまざまなトライアスロン情報は入ってくるようになった。半年前には考えもしなかったような自分の行動なわけだけど、そんな心境の変化も含めて今年はわりと変化の多い年だったし、そういう予測のできない自分の進化みたいなものに驚くと同時に少し嬉しさも感じる。というわけで、仕事納めでありプール納めである2016年の12月28日の朝。少し早めに仕事場へ向かうとしよう。終わりの日というより、来年への始まりの日にするために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA