きょうは一日、M型ライカの日だったな。ブライトフレームで切り取る日。

Leica M-P〈typ240〉, Leica M3

きのうKindleでライカ本を読んだからかな、きょうは朝の愛犬との散歩からM3を連れ出して、一度帰宅してからM-Pを足してから古い町並みを撮りに出かけ、夕方の愛犬との散歩もM-Pと。丸一日、M型ライカと過ごす日となった。

たまにあるんだよね、無性にブライトフレームをのぞいて撮りまくりたくなる瞬間が。それは同じライカでもバルナックやX2じゃなくてM型だし、一眼レフではなくてM型。M型ライカてしか得られない時間であり、撮影感覚。これは言葉で説明するのは少しむずかしい。

そうしていつも思うのは、M3というカメラの素晴らしさ。見た目以上にずしっとくる厳かな重さ。そのボディを手で包み込んだ時のなんともいえない本物感。1950年代に作られたとは思えない美しいファインダーの中の世界。M3で撮る世界は、デジタルライカのM-Pで撮る世界とまったく違和感がない。ちょっとフィルムカメラであることを忘れるくらいだ。

M3でフィルム3本をあっという間に撮り終えて、その後はM-Pで余韻を楽しんだ一日。緩やかな満足感に包まれてきょうが終わる。いい日だったな。さて、仕上げのRunへ出かけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA