い草を敷いた。五感で心地よかった。

プチ夏休みの2日目は、親父とお袋のところを訪ねてみた。みんな風呂好きだから、近くの大きな風呂に入りに行って、なんかその気持ちよさついでに涼しんで寝転ぶのに、い草の敷物を買って帰ろうということになり、お店に寄って人数分のい草のマットと枕を購入した。さっき、自宅について早速ベッドに敷いてみたんだけど、その気持ちよさは想像以上だったなあ。見た目かまず涼しいし、寝転がった時の感触がいかにも自然の草の上でゴロリとしているような風合い。そして、何よりいいなと思ったのは、い草の香り。真新しい畳に張り替えた時のような、あの頃の香り。あゝ僕は日本人だな、と思った。決して高価ない草ではないけど、熊本産だと書いてあったから心持ち的にもいい。大袈裟にいえば阿蘇の草原の中で寝転んでいるような、そんな気分さえするから。たぶん、今日、親父とお袋のところを訪ねなかったら僕はい草をまず購入していないと思う。ロードバイクはおあずけの一日になったけど、なにか想像以上に自然回帰の一日になって、行ってよかったなと思っている。今夜ははやく寝よう。いい夢が見れそうだ。たぶん、懐かしいよい夢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA