いまの時代に、機械式カメラを作って”電気を使わないエコカメラ”として発売したら売れたりするんじゃないかと。

Pocket

修理に出していたRICOH GRがなかなか戻ってこないなと思ってたんだけど、携帯電話をよく見ると委託先の修理店から電話が入ってたようだ。五年保証に入ってるものの何かしら修理代がかかるのかな。このへんがね、電気を使うカメラのつらいところ。僕のGRの場合はレンズが戻らないのと液晶が映らないことなんだけど、まあ電気的な症状なんで、仮に僕が少々機械をいじれたとしてもどうしようもない。機械式カメラだったとしても故障はすると思うんだけど、ひとまず電気的なカメラよりはシンプルで壊れにくい気がするし、それは壊れても直しやすいことを意味する。そんな印象もあって、フィルムカメラを始めてしばらくして機械式カメラを購入した。

フィルムカメラをやってる人は機械式カメラという響きはおなじみかもしれないけど、デジカメしか触ったことのない人や一般のカメラに詳しくない人は、いわゆる「電気を一切使わない機械式シャッターのカメラ」というモノがあることを実は知らないんじゃないかな。僕も知らなかった。現代の家電製品の日常的故障の連続にヘキヘキしてる人もいるだろうし、電気を無駄に使いたくないという人もいるかもしれない。だったら、この時代に「電気を使わないエコカメラ、機械式カメラ」として販売すると意外と需要があるかもなって。しかも、新製品でね。電気を使わないこと自体は決して古めかしいことじゃない。それはタイプの違いであり、非常時でも使えるカメラなだけだから。実際、機械式カメラは扱い方を覚えると、まったく不便なものじゃない。どうかな。

まあ、それくらい電気を使ったカメラが故障する感じは寂しいもので、僕はデジカメも数台持ってはいるけど、そのあたりの物悲しさをどこか抱えていたりする。かといってクラシックなカメラたちが未来永劫ずっと壊れないというのも考えづらい。機械式カメラで新製品が登場すれば、往年のカメラファンも、現代を生きる普通の人たちもけっこう選択してくれるんじゃないかと思うんだ。無理かな。できるといいな、そんな夢。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA