いい写真を見ると、いい空気を吸った気分になる。

Pocket

フィルムを始めたら何故か写真をたくさん眺めるようになった。特にフィルムで撮られた写真。フィルムで撮られた写真がいい写真と規定するわけでは全然ないけど、昔の有名な写真家のひとたちの写真は必然的にフィルムで撮られたものが多いから、そういうことになる。で、そういう写真を眺めていると実に気持ちがいいじぶんがいることに気づく。技術的なことに感心しているというよりもっと自然体でいいなあと感じている。撮り手のその時の気持ちとかシチュエーションを思い浮かべる感じがいいんだろうね。そんなまなざしというか思考が芽生えると、InstagramやTwitterにアップされた写真たちの眺め方もちょっと変わる。上手く言葉では言い表せないけど、変わる。写真とは撮るのも気持ちいいけど、眺めるのも相当気持ちいいなと思うようになる。それだけでもフィルムを始めてよかったなと思える。変な時間に目が覚めたからふとポスト。じぶんの記憶メモ。さて眠り直そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA