「日本代表が勝ったらカメラ買う」と言っちゃってたんで…約束は守る男。

Asahi Pentax SP, SMC Takumar 55/1.8

いやあ、このカメラのことは正直よく分かっていない。ただ、男が一度約束した以上は、何かしらのカメラは買って帰らなくてはいけないんじゃないかと。

何の話かというと、僕は一昨日のW杯ロシア大会で日本代表の初戦が始まる前に、Twitterで「もし日本代表が勝ったらカメラ買う」とつぶやいたんだ。その時にあげたカメラは、その日ジャンクボックスで見たKodakのインスタマチックだった。つまり、勝つなんてあり得ないと心のどこかで思い、遊び半分でつぶやいたことは否めない。ところが試合の結果はみんなも知っての通り、南米国から初の白星をあげるという劇的な勝利になった。いやもうほんとに感激して、しばらくカメラを買う約束みたいなものは忘れていたんだけど。

興奮が落ち着いた頃に、はて、あのKodak インスタマチックのことはどうする?と。とてもチャーミングでいいカメラだけど、今はその127フィルムカートリッジも手に入らない。僕はカメラは撮るもので飾るものじゃないというポリシーみたいなものもあって、まあとにかくお店に行って考えようといつものカメラ屋に立ち寄った。

¥1,000のプライスタグをつけたKodak インスタマチックはまだ売れずに残っていたんだけと、うーん、やはりインテリアとしてのカメラはやめようと。けど、約束は約束だし、何かしらカメラを買っておかないと嘘つきになるんじゃないか。たぶん誰もそんなツイートを覚えてもいないと思うけど、僕はしっかり覚えているわけで、これを無かったことにするのは男として潔くないんじゃないか、と、見つめた先にブラックボディのレンズ付きカメラがあったんだ。

それがこのAsahi Pentax SP。レンズはよく分からないけどSMC Takumar 55/1.8と書いてある。実は過去に黒のPentaxが欲しいと思った時期もあって、ならばショーケースから出して触ってみようと。見た目は使用感もかなりありモルトもやれてたけど、ファインダーもわりと綺麗だし、シャッターも全速切れる。レンズもひとまずTakumarという響きなら悪くなかろう…で、連れて帰ってる、いま。

とりあえず、Pentaxのことは何も分からないんで、フードは無いですか?と探してもらったら、ひとまず装着可能なノンブランド?のフードとフィルターが店の奥から出てきて、もうそれ付けてくださいと強引にお願いして、あとはフィルムを入れてストラップさえ用意すれば試し撮りできる状態までにはして帰った。たしか一昨日お店をのぞいた時には無かったPentax SPだから、まあこれも運命なのかもしれない。日本代表が引き合わせてくれた、まさにスポーツマチックカメラ(追記:本当はスポットマチック笑)。Nikonの一眼レフのことなら多少分かるんだけど、初Pentaxは未知の世界。ただ、そんな僕でも分かるのは、これがM42の世界に足を踏み入れてしまったということだった。

「「日本代表が勝ったらカメラ買う」と言っちゃってたんで…約束は守る男。」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    いい感じで年季の入ったSPですね!ブラックだからなおのことカッコいいです。

    X-E2にオールドレンズ… 私は昔NEX-6で楽しんでました。
    Mを持ち出すまでもなく、気軽なスナップができますね。それと富士のフィルムシミュレーションとの
    組み合わせもおもしろそう。最近はだいぶ安くなってきたので、アダプタ込みでも3、4万円…
    欲しいですが、もうこれ以上防湿庫に入らないので我慢です(笑)

    1. SPは代表勝利を理由にしてますが、深層心理として欲しかったんでしょうね、ブラックが笑。
      あと僕は心のどこかで「安い機材で、高い機材の写真をぶっちぎたい」みたいな天邪鬼感情があって、写ルンですや学研フレックスでも撮ってます笑。
      いい写真は撮れていませんが、心はとても健康です^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA