「写真を撮って、ブログを書いています。」という話。

Pocket

近ごろ、TwitterやInstagramのプロフィールをこの言葉に変えました。ブログそのもののキャッチフレーズも「写真を撮って、ブログを書く。」というシンプルなもの。僕は何者かと言う時に、いまはこの短いフレーズがいちばん素直だなと。それ以上でもそれ以下でもない、事実をそのままにしたような言葉。ブログタイトルの「記憶カメラ」という言葉と同様に何ひとつ奇をてらった要素はないんだけど、まあつまり気に入っているわけです。

というのも、「写真を撮って、ブログを書く。」という行為が、僕の人生の中では驚くくらい続いているから。このブログのポストで記事は第1,232話。じぶんでも、そんなに撮ってそんなに書いてきたのかと軽く衝撃というか、日記なんて3日も続いたことのない僕がなぜにこんなにもブログを続けられているのかと、じぶんがしぶんを不思議がっているというのが正直なところ。じぶんなりに解き明かすと「写真を撮ることが前提のブログだから」ということになるんだろうなと。

つまり、写真を撮るということがまずは続いているから、その写真を載せるところとしてブログも続いている。そして、それは写真ストックの場所としても機能しはじめたってこと。Twitterには過去記事がアットランダムでポストされる仕様にしてあるんだけど、過去記事を見ると今とは違う当時の写真の撮り方にじぶんも少しハッとしたり。あと、その写真に直接関係のない文章も多々あるんだけど、それでも当時はそういう精神状態というか気分でいたんだなというのも振り返ることができる。そこがだんだんと、じぶんのためのブログとして貴重に思うようになったんだろうな。

それと、ブログを書き始めた当初は、カメラビギナーの僕には写真のことやカメラ、レンズのことを詳しく解説できる知識はなかったから、そういう解説ブログを書くことはあきらめた笑。であるならば、カメラや写真の詳細情報は他の綿密なカメラブログや写真ブログを書いているひとに任せて、僕はまさに僕のようにこれからカメラや写真を始めようとしているひと、もしくは始めたてのひとに何か気分とか心持ちを伝えられるものにしようと考えた。これまでこのブログで取り上げてきたのは、Nikon D5300、Nikon D750、Nikon Coolpix P340、Nikon Coolpix P900、そして一眼レフのレンズたち。それとコンデジのRICOH GR。あとはフィルムカメラの話でNikon FE(シルバーとブラック)、Konica C35、そしてLeica M3。あとは数種類のフィルムたちのことかな。数えてみるとカメラを始めて3年ほどの間に9台のカメラと過ごしてきたんだな。趣味としてもこれだけ所有物を揃えることが続いてきたこともないかもな笑。

で、これらのカメラを手に入れる際に、僕自身も他の人のブログを参考にしてきたところがあるし、もしこれから僕の使ってきたカメラを所有しようとしているひとたちにわずかでも参考になれば、それはじぶんのためのブログを超えて、少し誰かのためのブログにもなる。そんな思いで毎日わずかずつこうしてブログを更新しています。写真を撮り続けていくかぎりは、このブログも続いていくと思います。そして、写真を撮ることはたぶん一生飽きることがないという自信みたいなものも出てきたから、たぶんこのブログはずっと続いていくのではないだろうかとなんとなく思えるようになってきています。僕の写真はデジタルからフィルムの入口まで来たけれど、これからどんな道があるのか、そしてそれは果たして俗にいう「沼」というものなのか笑。そのあたりを確かめていけたらなと考えている。写真やカメラの楽しみ方が多彩にあるように、こうした写真ブログやカメラブログも実に多彩に存在しています。僕の好きなブログもいくつかある。ブログ探しというのも近ごろは趣味のひとつになりつつあるかな。何かを続けてると、いろいろ点と点が繋がりはじめるんだなと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA